カートをみる マイページへログイン ショッピングガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ

NPOとは?

<NPOとは?>
NPO(エヌ・ピー・オー)は、Nonprofit Organization という英語の略称で、
日本語に訳せば「民間非営利組織」となります。

株式会社などと違い、NPOは営利を目的としない団体ということです。


<非営利とは?>
非営利とは、一言で言えば
「もうかった利益を団体の構成員に分配しない」ということです。

NPOは、活動資金として会費や寄付金を集める以外に、
活動に対する対価をもらっても差し支えありませんし、
活動資金の足しにするために社会貢献活動とは別に収益事業を行っても構いません。

そうやって生じた利益を団体の構成員で分配すれば営利目的の団体ですが、
それを次の社会貢献活動の資金へと回していくなら、営利を目的としない団体、
つまりNPOと言えるわけです。

NPOは社会貢献活動を組織的、継続的に行いますから、
活動資金を稼ぐことはむしろ当然とも言えます。

よってNPOと無料奉仕とは直接は結びつかないのです。


<NPOとボランティアってどう違うの?>
NPOを一言で表現するなら、
「営利を目的とせず、社会貢献活動を行っている民間の事業体」
とでも言えばよいでしょうか。

または、「ボランティア=個人」「NPO=組織」というイメージかもしれません。

しかしNPOもボランティアも、どちらも自主的、自発的に社会貢献活動を行うという点では同じです。

また、NPOは目的を達成するために運営のルールを持ち、
組織的、継続的に活動を行うとともに、提供するサービスに見合う対価を受け取ることもできるのに対し、
ボランティアは個人が個人の責任の範囲でできる活動を無報酬で行うというイメージがあります。


<NPOとNGOはどう違うの?>
NPOはアメリカで、NGOは国連でそれぞれ使われ始めた言葉です。

日本では主にNGOを国際交流や国際協力の分野において、
政府ではない民間の活動団体を指す言葉として使われています。

NPOが「非営利」という点に着目しているのに対し、NGOは「非政府」という点に着目していますが、
言葉の生い立ちや団体を見る視点が違うだけで、指しているものはほぼ同じと考えてよいでしょう。


<NPO法という法律があるの?>
NPO法は通称で、
正式名称は「特定非営利活動促進法」といい、
民法34条(社団法人や財団法人などの公益法人の規定)の特別法をして、
平成10年3月19日に成立し、同年12月1日から施行されました。
その後改正され、平成15年5月から改正法が施行されています。

この法律は、社会貢献活動を行う民間の非営利団体が、
簡易に法人格を取得するための基準や手続きを定めたものです。

この法律ができるまで、
営利を目的としない団体が法人格を持つ場合には、
民法34条に定められた社団法人や財団法人などの公益法人になるのが一般的でした。

しかし公益法人になるには、
その活動内容が主務官庁の縦割りによって制限され、
設立要件も厳しかったために、多くの団体は法人格のない任意団体のままであったり、
特に営利を目的としないにもかかわらず、株式会社や有限会社になってきました。

そこで平成2年頃から、
営利目的でないことを明確にした上で、官庁による制約を
できるだけ排除した自由度の高い非営利法人制度の必要性が
市民団体から訴えられるようになりました。

このような背景のもと、
平成5年に発生した「阪神・淡路大震災」でのボランティアやNPOの救援活動、復興支援活動が高く評価され、
国会議員や市民活動団体が協力し、立法活動が具体化、最終的には全会一致でNPO法が実現したのです。

この法律に基づいて法人格を取得した団体を特定非営利活動法人といいますが、
通称でNPO法人という言い方もします。